「お客様の声」のページです。
by t_voice
S様(南砺市)
a0114871_21302883.jpg

愛犬が駆け回るのを見ながら休日を過ごしたい家

今回ご紹介する住宅は、ご主人の職業が大工さんということで、クロス・電気・配管以外はほとんどご自分が関わったという、まさにこだわり手造り感満載のお宅です。風光明媚な田園地帯の東に、山並みを仰ぎ見た環境に白亜の住宅が建ちました。

Qまずはどのような家を建てようとイメージされたのですか?

愛犬を2匹飼っているので、彼らを中心に考えた家になっています。たとえば、居間のソファは犬の目線に合わせて低くしてあります。寝室も二階ではなく一階に設けて、いつでも虎太郎・銀次郎と一緒にくつろいでいます。

Q気に入っていらっしゃる箇所をいくつか教えてください

奥様:キッチンは全体に白を基調にして電子レンジは赤といった具合に、台所用品で色を付ければいいかなと考えました。
IHは加熱が早いので慣れるまで何度か吹きこぼしたりしましたが、最近は加減がわかってきました。便利です。
収納スペースが多いので今のところ食器類がすらっーと入っていますが、少しずつ増やしていきたいと思います。今後鍋などが増えても扉を閉めれば隠れ見た目もすっきりとしています。

ご主人:玄関のカマチ、額縁に真鋳(しんちゅう)を埋め込んでみました。タガヤサン(鉄刀木)というインドネシアの材質ですが、漢字を見ると固い木ということなんでしょうね。今まで他であまり見たことがない玄関の上がり口になっていると思います。言わないと気付かれないかもしれませんが(笑)

居間のテレビ台は素材がイチョウの木で、自分で組み立てクリアな天然塗料で色をつけました。床から浮き上がっているので隅々まで掃除ができるところにこだわりました。配線は壁の中に埋め込み、薄型テレビをすっきり見せました。

居間に隣接したデッキの床は本来茶色などで一色にするのが無難ですが、防腐剤塗料を小分けに購入させてもらえたので、4色をちりばめて貼ってみたら面白くなりました。自家用だからできるのであって、好みもありますし手間もかかりました。

Q階段付近も小物が飾られておしゃれな仕上がりですが

真っ白で木の板を見せるために奥行・間仕切りなど中のほうで変化をつけたかったし、壁の圧迫感が苦手でした。壁を抜いたところから自然の光も入るのではないかと思いました。
雑誌を見てアイディアをもらうといった感じです。
雑貨屋に行って、居間の天井からのレールに下げる「ペンダントライト」いいのがないかなぁとか、小物についつい目が行ってしましますね。

Q 今後予定していらっしゃることはありますか?

デッキから降りた庭の一部分を芝生にしたり板で塀を造ることです。
彼らが駆け回るのを見ながら休日を過ごしたいですね。
[PR]
by t_voice | 2014-02-03 22:08
<< Y様 (南砺市) N様(南砺市)  >>